性的エクスタシーを気持ちよく感じる瞬間

恋人同士や夫婦間で大切な時間でもあるセックスのときに、オーガズムやエクスタシーを感じるというのはとても心にもいい影響を与えてくれます。たとえば、抱きしめあうだけでも感じる人もいれば、行為そのものをしていてもなかなか感じない人もいます。

色々と調べてみたときにわかったことなのですが、エクスタシーというのは無我夢中で行為を行っているときに感じる興奮のことだということです。

確かにセックスをしているときには夢中になって相手を感じようとして忘我していることがあります。それがエクスタシーというものなのです。

抱きしめて口付けしているときにも感じることがあるのですが、相手を愛しいと感じること自体がそうなのかもしれないです。

そして、オーガズムとは、性的緊張からの解放、という風に言われているそうですが、簡単にいえば、セックスにおいて頂点に達する、という風な感じです。

お互いに感じることができるととても嬉しくて、特に男性は女性がオーガズムを感じている姿にも興奮することが多いように思います。

恋人と肌を触れ合わせているときに感じることがエクスタシーでもあり、オーガズムを生む時間だと感じることがいつもあります。大切な人に感じてほしいものです。